FXが初めての人が注意することはレバレッジを管理

FXが初めての人が注意することはレバレッジを管理することです。
市場が予想と異なった動きをしているにもかかわらず、気軽にナンピンをし続けると、気付いた時にはレバレッジがどんどん高くなり、証拠金維持率の状態などを確認しておかないと強制的にロスカットされます。

ロスカットさせられることになれば、損失が大きくなることがほとんどです。初めての株取引であるなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことを推奨します。

面倒くさい確定申告の作業や調査に費やす時間をできるだけ減らして、かわりに、株取引のための情報を集めて理解することに時間をかけることができるからです。

FXが好まれる最大の理由は、レバレッジが利用可能だからでしょう。一般の株を取引する際の投資では、ある程度、高額の投資資金が必要となりますから、初めて投資をする方にとっては利用しにくいものです。
しかし、FXなら少ない投資の資金でその何十倍にあたる取引を行うことができるため、投資の初心者が始めやすい方法だといえます。

FX業者を選ぶ際に忘れてならないのは取引する時のコストです。

取引の際のコストを抑えられれば黒字を出しやすくなります。

また、最低取引単位が小さい場合の方が少額の資金しかあてられなくても始められますし、FX業者それぞれに取引ツールの使い勝手に差があります。さらに、モバイル取引に対応しているか否かも基準になります。
FXで使えるテクニカル指標としてたくさんの人に利用されているのがボリンジャーバンドと呼ばれている指標です。

視覚的に、トレンドの規模とトレンドの方向が理解しやすく、トレンドが生じたらエクスパンション(バンド拡大)が見られるようになるので、トレンドフォローの取引に最適です。

逆に、バンドの収縮はトレンド終了のしるしとして役立てることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ