乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では一緒なのですが、ビフィズス菌にはそのほかにも、酢酸などの成分も、作る働きがあるのだそうです。ノロウィルスの対策に良いと考えられているのですね。

最近では、いろんな感染症についての話を聞くので、摂るといいかもしれません。インフルエンザの感染が判明すると学校などへの出席が5日間禁止になります。インフルエンザに感染してしまったとしても、2、3日で発熱は治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。たとえ平熱に戻っても、堰やくしゃみなどにウィルスはまだ残っており、うつしてしまう場合があります。

なので、出席停止の間はを家にいることが集団感染を防ぐのに大切なことです。息子がインフルエンザにならないための接種に通院しました。私は怖くて目をつぶるのに、娘はまだ6歳だが、注射をしっと見てうたれています。
予防接種が完了した後は怖い!と伝えていました。

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と推測しましたが、何も口できませんでした。便が出なくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口臭が発生します。
いくら食後のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、お口の臭いは腸から胃をたどって必要でないものを出そうとし、口臭を引き起こすのです。この場合、便秘が治ると、口臭もあわせて改善されると言われています。

毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私の体はとっても健康的に過ごしていくことが出来るようになりました。

一日が始まる朝には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。
ヨーグルトというのは味にもいろいろ変化をつけやすいですし、便秘にならずにすみます。
乳酸菌を摂取するようになってから、肌の方も調子がよくなってきて、体重も落ちました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ